フリーのソフト,フォント集

全て私が使っているか,または使っていたソフトです。ですから基本的にWindows用です。(OpenOffice.orgやフォント他一部はマルチプラットフォーム。)
各サイトは別ウインドウで開きます。

各ジャンル見出しへジャンプ


オフィススイート,エディタ

このページのトップへ


圧縮・解凍

このページのトップへ


インターネット

このページのトップへ


webサイト作成

このページのトップへ


PCカスタマイズ

このページのトップへ


PC監視・保守

このページのトップへ


ユーティリティ

このページのトップへ


マルチメディア

このページのトップへ


フリーフォント(ほぼフリーも含む)


オフィススイート,エディタ

OpenOffice.org(http://oooug.jp/)

マイクロソフトのOfficeに入っているWord,Exel,Power Pointと互換性があり,かつフリーのソフトです。PDFの書き出しなども可能です。
個人的にはMicrosoft Officeよりも使いやすくて好きです。

このページのトップへ


TeraPad(http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/)

各種の文字コードに対応したテキストエディタです。このサイトのページで,ちょっとだけソースを修正したい場合などに活躍しています。
編集モードを切り替えることでHTML編集やバッチファイル編集,perlスクリプト編集などに便利な色分けをしてくれます。

このページのトップへ


圧縮・解凍

解凍レンジ&easy圧縮(http://sira.jp/soft/)

インターネット上にあるダウンロード用ファイルは,通常圧縮されています。圧縮されているソフトは展開(=解凍)しなければならないわけで,そのとき必要になるのがファイル解凍ソフト。
このソフトより有名なものもありますが,基本的にはこれがあれば解凍できないファイルはほとんどないでしょう。関連付けなども簡単でお勧め。
ちなみにこれと同じ作者さんが圧縮用ソフトも作っており,そっちも使い方が簡単でお勧めです。圧縮のほうはデラックス版でlzh,zip,cabに対応しており,速度も速いです。通常はzip形式を使用していれば,どのOSでも解凍にさして問題はないでしょう。

このページのトップへ


インターネット

Firefox(http://mozilla.jp/firefox/)

Internet Explorerに依存しないタブブラウザです。IEに比べてブラウジングはすいすいストレス無くできます。初期状態では本当にシンプルな機能にしぼってあるのですが、拡張アドオンを入れることでいろいろな機能を追加して自分好みにしていくことができます。私が入れているアドオンは以下の通り。
All-in-One Gestures マウスジェスチャー機能を追加します。これを入れれば、マウスだけで「戻る」「タブを閉じる」などが可能になります。
sage-too RSSリーダーです。ブログやニュースの更新チェックがラクチンになります。

このページのトップへ


BugBrowser(http://eg6p.smallnews.net/)

タブブラウザと呼ばれるタイプのインターネットブラウザです。インターネットエクスプローラー(IE)は,新しいウインドウを開くたびにタスクバー(スタートボタンの隣のあたり)がどんどん混みあっていき,どれがどのウインドウだか分からなくなります。それをすっきりさせるために,1つのウインドウの中で複数のページを管理します。
ポップアップ広告も一度設定すれば同じものは勝手に閉じてくれるようにしたりとかも可。
なお,タブブラウザは他にもたくさんあるので, 検索してみるといいかもしれません。

このページのトップへ


irvine(http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se218138.html)

データのダウンロードをするためのソフト。「右クリック→ディスクに保存」でもダウンロードはできるが,速度が遅い上にブラウザを閉じると一緒に終了してしまうし,複数のファイルをダウンロードするのには不便。そこでダウンロードマネージャと呼ばれるirvineなどのソフトを使うことになる。
使っているうちに使い方は何となく分かってくると思うので頑張ってください。私はBugBrowserと連携できたりするので使っていますが,そもそもブラウザがFireFoxとかならダウンローダー機能もたぶんあるんじゃないかと思います。

ちなみにOpenIrvineということでオープンソース化はされたんですが,開発は止まってます…
http://openirvine.sourceforge.jp/

このページのトップへ


POPFile(http://popfile.sourceforge.net/)

SPAMメール(迷惑メール)をフィルタリングするためのソフト。メーラーで受信する前に一度このPOPFileを通して内容を解析,そこでスパムと判断されれば件名を書き換えたり,メールヘッダーに情報を付加したりする。(で,その情報を元にメーラーが振り分けをすればいい。付加する情報については設定可能。)
初めのうちはどれがスパムでどれが違うのか,ということを学習させる必要がありますが,かなりの高確率で判別するようにすぐなります。私の場合通常のメールとスパムの2種類にしか区分していませんが,判別成功率は99.5%を超えています。非常にお勧め。

最近はThunderbirdが同様の機能を内蔵しているようです。

このページのトップへ


Avira AntiVir(http://www.free-av.com/)

アンチウイルスソフトです。以前はAVGを使っていたのですが、ver8になったあたりで動作が不安定になったこと、重くなってしまったことから乗り換えました。
free版だとメールスキャナが付いていませんが、私の場合はメールサーバーのほうでウイルメールはフィルタリングしているので特に不便はありません。
※ウイルスメールを受け取る段階でフィルタリングされないというだけで、受信した後そのメールにアクセスしようとすればちゃんと警告は出ます。メール経由だと感染するというわけではありません。なお、有料版はちゃんとメールスキャナも付いてくるようです。

このページのトップへ


意外とまだ検索から飛んでくる方もいるようなので、AVG時代のメールスキャナ設定方法はここに残しておきます。
※Personal E-Mail Scanner設定方法(ver.7.5のものです)

このページのトップへ


Outpost personal firewall(http://www.agnitum.com/)

名前の通りですが,ファイアーウォールソフトです。有料のPro版と無料のFree版とがあり,当たり前ですがPro版のほうが機能が多いです。しかし,Free版でも必要十分な機能は備えています。現在Free版はバージョン1.0となっており,アップデートは終了しています。
サイトは英語ですが,ソフトについてはインストール時に言語を選べるようになっており,実際には日本語表記に出来ます(ただし,私の環境では一部のボタンが文字化けしてしまうので,英語でインストールしています。
他のファイアーウォールソフトと同様,インストール直後はいったん全てのアクセスを遮断し,何か通信を検出するたびに許可/不許可などを決定していきます。また,有名なソフトについてはそれ用のプリセットがあり,他にも特定用途のソフト向けプリセットが入っています。

※日本語のサイトではFree版は入手できません。フリー版はProductsを見ると一番下に出ています。

各種の設定方法はこちらのサイトを参照してください。

このページのトップ


LimeChat(http://limechat.net/)

IRCクライアント。IRCに接続するときに使います。キーワードで音を鳴らすようにして,各種句読点などをキーワードとして指定するとほとんどのメッセージ着信に対して音を鳴らせます。

このページのトップ


Jane Style(http://janestyle.s11.xrea.com/)

2chおよび互換掲示板を見ることに特化されたブラウザ。2chについてよく分からない人は,無理に行かない方がいいです。どうしても行くなら,まず初心者向け説明のページを熟読すること。そうしないと叩かれたり,トラップに引っかかったりします。
多少カスタマイズしないと動作などは分かりにくいかもしれないですが,ヘルプは付いています。

このページのトップ


webサイト作成

FFFTP(http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/product.html)

自分の作ったサイトをサーバーにアップロードするときに使うソフト。各種ホームページ作成ソフトにもついている機能だが,シンプルで軽くて使いやすいし,FTPの設定例にはほぼ必ず入っているので便利。
このサイトのアップロードもこれを使っています。

このページのトップへ


HTMLエンティティ生成(http://ab.jpn.ph/)

任意のテキストを実体参照方式をランダムに混ぜた状態に変換してくれるソフト。メール収集ロボットの多くは実体参照を正しく変換できないようなので,これを使うことである程度予防できるでしょう(もしみんながこの手を使うようになるとロボット側も進化するかもしれませんが…)。

このページのトップ


PCカスタマイズ

窓の手(http://www.asahi-net.or.jp/~vr4m-ikw/)

Windowsをカスタマイズするためのツール。簡単にアイコン変更ができたり,起動画面を変えたり出来ます。バラバラにカスタムしていくと非常に大変なところをまとめていじれるので便利。
ついでに,おまけで付いてくるキーボード&マウス掃除機も便利。

このページのトップへ


TClock Light(http://homepage1.nifty.com/kazubon/)

タスクバーの右端にある時計を改造します。簡単なところでは日付と曜日を表示させたり,時計とアイコンのエリアを塗りつぶしたりできます。もちろん時計あわせの機能も内蔵しています。さらにスタートボタンの変更などいろいろ可能。日付表示は何かと便利です。

このページのトップ


ノータスクトレイアイコン(http://www.asahi-net.or.jp/~ee7k-nsd/)

このソフトはタスクバー(時計の左側)に表示されるアイコンを,自分の中に取り込んでくれます。いったんここに入れたアイコンは,右クリックするとスタートメニューのような感じに現れてきます。
アイコンによってはときどき格納しているはずのものがちらっと出てきたりしますが,細かいことは気にしない。
WindowsXPでは標準でこの機能が付いているので,インストールする必要はありません。

このページのトップ


PC監視・保守

Process Explorer(http://www.microsoft.com/technet/sysinternals/utilities/processexplorer.mspx)

Ctrl+Shift+ESCで出すタスクマネージャを拡張します。動いているプロセスについてより詳細な情報が分かるので,中で何が動いているのか分からないsvchostの確認などもできます。
詳しい説明は窓の杜に任せます…。

このページのトップへ


すっきり!! デフラグ(http://www.yoshibaworks.com/ayacy/inasoft/)

普通よりもがっちりデフラグができます。また,チェックディスク→デフラグ→電源断という一連の操作を勝手にやってくれるので,寝ている間や出かけている間にデフラグが終了できます。

このページのトップへ


SpyBot-Search&Destroy(http://www.safer-networking.org/)

スパイウェア除去ソフト。こちらのほうがスパイウェア除去ソフトとして有名なAd-Awareよりもかなり厳しく判定するようです。いろんな履歴など,スパイウェアとは直接関係ないけれども人に見られるとちょっとイヤかもしれないファイルまで検出します。

このページのトップ


SpywareBlaster(http://www.javacoolsoftware.com/)

従来のスパイウェアソフトと違って,これは感染を未然に防ぐというタイプ(多分)のスパイウェア対策ソフト。ウイルス対策ソフトのように定義ファイルのアップデートは適宜しましょう。

このページのトップ


speedfan(http://www.almico.com/speedfan.php)

ファンの回転速度,各所の温度,電圧などのPCステータスモニターです。PC側が対応していればそれらをコントロールすることも可能ですが,中にはベースクロック制御とかかなりやばそうな設定項目もあります。
私の場合は単純に温度監視センサーとして使用しています。

このページのトップ


ユーティリティ

極窓(http://www.55555.to/)

何のアプリケーションに対応しているのか分からないファイル,macを使っている人から受け取ったファイル,何らかの理由で拡張子を消されてしまった,または変更されてしまったファイルの判別に使用します。
拡張子でなく,ファイル構造そのものを見ているため,初めから拡張子のついていないファイルなどを判別し,正しい拡張子を付加することができます。macの人からファイルをいっぱい受け取ったときは助かりました。
それほどしょっちゅう使うものではないのですが,いざというときとても便利。

このページのトップ


Special Launch(http://splnch.sourceforge.jp/)

このソフトは,普段は画面の隅っこに隠れていて,特定のキーを押すかそこにマウスを持っていくと引き出しのごとく出てきます。で,そこにあるアイコンをクリックして目的のフォルダ,アプリケーション,ファイルを開くというものです。また,プラグインにより機能拡張も可能です。

このページのトップ


Fire File Copy(http://www.k3.dion.ne.jp/~kitt/index.html)

普通はコピーや移動はドラッグアンドドロップでやりますが,大量のファイルや,または巨大なファイルを扱うときにD&Dでやるとものすごい時間がかかることがあります。また,HDDもガラガラガリガリとあんまりよろしくない音をたてます。
このソフトはそんな問題をある程度解消してくれます。大量のファイル,または巨大なファイルを扱うことのある人は入れてみるといいでしょう。

このページのトップ


DF(http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se113286.html)

2つのテキストファイルを並べて表示し,どこが違うのかを自動的に表示してくれるソフト。いわゆるDiffを取るためのもの。物書きであれば改訂された場所の確認,サイト管理人であれば変更されたソースの確認,プログラマであればソースの更新確認などにどうぞ。

このページのトップ


wMD5sum(http://kkkon.hp.infoseek.co.jp/software/wMD5sum/index.shtml)

Windows上においてMD5をチェックするためのソフト。MD5って何じゃらほい?という人にはあんまり関係ないかもです。

このページのトップ


REALLY SLICK SCREENSAVERS(http://www.reallyslick.com/)

かっこいいスクリーンセーバーがあります。しかし負荷が結構高く,ビデオカードなどの要求スペックも高めです。ものにより,設定により負荷は違うので,いろいろ試してみてください。

このページのトップ


マルチメディア

foobar2000(http://www.foobar2000.org/)

plug-inという形で機能を拡張したり,skinという形でデザインを変えたりしている音楽ファイル再生ソフト。
いろんな音声フォーマットのプレーヤーとして使えますし,webラジオを聞くのにも使えます。というか私はほとんどそれにばっかり使っています。

私がよく聞いているネットラジオ(アルファベット順)は以下のような感じ。どれも場合によってはサイトの表示はできても繋がらない場合があります。原因はよく分かりません(経路上のネットワーク障害か局の資金難か…?)。
一部のラジオ局は某掲示板の「海外のネットラジオ」スレで拾いました。住人に感謝。(そこのWiki)

このページのトップへ


Vix(http://homepage1.nifty.com/k_okada/)

画像ビューアです。たまった画像データの整理に便利。使い方も直感的になんとなく分かる。(でも一応ヘルプは読みましょう。)
また,アルバムのページのサムネイルはこのソフトで一発作成しています。便利便利。

このページのトップ


真空波動研(http://www.kurohane.net/)

要するにWindows Media Playerを拡張するような感じのものなんですが,WMPそのままではcodecが入っていなくて見られないものでも,とりあえず一体どんな形式の動画なのかということが確認できます。
また,どういうわけかWMPでは再生できないものが,こちらを使うと再生できたりします。

このページのトップ


Exact Audio Copy(http://www.exactaudiocopy.de/)

CDの音楽をパソコンに取り込む場合に使用。解説サイトはけっこうあちこちにあるので,そちらを参照してみてください。

このページのトップ


TMPG Enc(http://www.tmpgenc.net/)

AVIファイルをMPEGファイルに変換するエンコーダです。
このソフトは画質の良さは定評がありますが,その分エンコード速度の遅さにも定評があります(仕方のないことですが)。ただ,エンコード終了時に勝手にWindowsも終了してくれるので,寝る前にエンコードを開始してほっておけば次の日にはできているので,速度については仕事でもない限り問題ないでしょう。
なお,ライセンスの関係でMPEG2にエンコードするには商用版を買う必要があります(私も使用中)。購入はこちら。

このページのトップ


FlashPlayerEx(http://www.zan9.com/)

flashのファイルは保存してもそのままでは見られません。通常はブラウザで読み込んで表示することになるのですが,このソフトをflashファイルに関連付けすればダブルクリックで開けるようになります。また,サイト上に使われているFlashを抽出してくれる機能なんかもあって,保存したい人にはうれしいソフトです。コマ送りもできます。

このページのトップ


フォント

efont-serif(http://openlab.ring.gr.jp/efont/)

改変,再配布可能な真にフリーなフォント。半角英数にはこのefontを使えばとりあえずフォントライセンスの問題はクリアできるはず。デザインは微妙に直線的かも。

このページのトップ


Y.OzFont(http://yozvox.web.infoseek.co.jp/)

ペン習字風のフォント。手書きフォントでありながらかなりきちんとした字のため,一般用途に十分使えるレベルと思われます。むしろ明朝やゴシックのかっちりした字よりも柔らかみがあり,見やすい一面があります。当サイトのコンテンツの一部でも使用。

このページのトップ


みかちゃん(http://mikachan-font.com/)

名前から想像がつくかもしれませんが,女性の手書き文字です。文字数が十分にあるので,漢字が出ないなどという問題は起こらないでしょう。Y.Ozよりも少しやさしい感じになります。ライセンスフリー。

このページのトップ


あくあフォント(http://aquablue.milkcafe.to/)

手書き文字フォントです。言葉で無理にフォントの形を説明するよりは,サイトの方のサンプルを見てもらった方が早いでしょう。商用の場合などは一定の条件がありますのでご注意下さい。

このページのトップ


M+ fonts(http://sourceforge.jp/projects/mplus-fonts/)

改変,再配布可能なアウトラインフォント。現在開発中ですが,できあがれば安心して使えるゴシック体になるでしょう。今後に期待。

このページのトップ


ホームページへ戻る